ETCの利用(3)車載器/ETCの利用方法(基礎編)情報


ETCの利用(3)車載器

カードを選択したら、今度はもう一つの重要なETC車載器を選びましょう。



ETC車載器は、適正な通行料金を計算するために、その器械を搭載している車の情報を料金所のアンテナと無線交信する為の器械です。あくまでも通信する為の器械であって、料金精算昨日は備えていないのでETCカードを入れてセットで使うというのはこのためです。

ETC車載器は大きく分けて2ピースタイプと3ピースタイプの2種類あります。

2ピースタイプ
ETC情報を通信したりカードを入れるための本体とアンテナが1まとまりになったタイプです。アンテナが搭載されているのでダッシュボード上などの電波の届きやすいところに置いて使います。ETC搭載機とETCカードの2つで構成されるので2ピースです。

3ピースタイプ
先ほどの2ピースタイプの車載器からアンテナを分離したタイプで、ダッシュボードにはアンテナだけを取り付け、本体は車内のどこにでも自由におくことが出来ます。ETC車載器本体、ETCカード、そしてアンテナの3つで構成されるので3ピースです。

使いやすいタイプのものを使っていただければいいと思います。値段は音量がきめ細かく設定できるかとか、カーナビとの連携がうまくいくか、などで決まってきます。大体1万円ぐらいが相場です。来年3月までだとETCマイレージに登録すればポイントで約5000円分返ってきますのでお得ですよ。

搭載機はもちろん自分で愛車に取り付けることができます。工場やショップに持ち込んで取り付けてもらうと取り付け料は大体5,000円〜8,000円位です。

【おすすめETC搭載機】